クレジットカード現金化について詳しく知りたい

「やばい、すぐにお金が必要なのに手元にない!」そんなピンチ、あなたはなったことはありませんか?大人になれば、そういう機会も多くなると思います。最初から用意周到な人もいますが、例えばなんらかの不幸やおめでたが立て続けに続いたなんてことは、たまに起こることです。

1人につき1万円必要で、それが2人までならなんとかなっても、それ以上になるときつい、足りないということもあるかもしれません。また、人によってはギャンブルや嗜好品、上司や部下との付き合いでどうしても急にお金が必要になる人もいるでしょう。

ギャンブルに溺れてしまう人の中には、勝つから1万円くらいどうってことない!と言って次々と負けているのにお金を使ってしまうことです。それで、どんどん借金を増やしてしまう人もいます。お金は、思った以上に扱いにくいというのは、多くの人が感じていることではないでしょうか?

財布が潤っていると気分が高まり、財布が空っぽだと気分が落ちる。お金という紙切れに自分の気持ちがアップダウンさせられてしまいます。あっという間になくなったと思えばたっぷり入っているとも思わされる。こんなお金にいつまでも振り回されていたら、人生がもったいないかもしれません。

クレジットカード現金化というものがあります。これは、その名の通りクレジットカードのショッピング枠を使い、現金が自分の元に返ってくるというものです。これは、手元にお金がなくてもクレジットカードがあれば現金が手に入るというもので、早いところであれば即日現金を手にすることができます。

これは、グレーな手法とも言われていますが、なぜなくならないのでしょうか?それは、クレジットカードを現金にしたいという人が多いからです。業者が多く利用者が少なかったり、利用者がいても多くの人がいい思いをしていないのであれば、このサービス自体なくなっていくでしょう。

ですが、業者よりも利用者の数も増えているため、こうしたサービスが成り立っているともいえるでしょう。カード会社からすれば、そのやり方は規約違反になりかねません。方法としては、クレジットカードのショッピング枠を使い、ある商品を買うという形で手数料を業者に払い、残りの金額がキャッシュバックされるというものです。

カード会社からすれば、そうしたやり取りは禁止事項として描かれているところもあります。ですが、そうして利用者がいることからも、すぐさまいきなり全てを取り締まるということはしていないようです。確かに禁止行為だとしても、それによって利用者もメリットがあり業者もメリットがある、そしてクレジットカード会社も手数料が儲かるというメリットがあるなら、別の角度から見れば3社にメリットがあるからという人もいるかもしれません。

見え方としてはグレーかもしれませんが、実際に利用者が求めている人がいるというところは、まず見逃せないポイントかもしれません。確かに、クレジットカードが手元にあって現金がない。でもカードを使えばお金になることはわかっているけど、普通のショッピングで商品を買って、それをオークションなどで販売してお金を手に入れるなんてことをしていたら時間と手間がかかる。

だったらそういう業者に頼んだ方がいいという人もいるかもしれません。しかも、そもそもそうした方法すら知らない人もいるかもしれません。ですが、もちろん現金化したお金は、後から返さないといけなくなります。これが、借金が溜まっていく人のパターンです。

カードから引き出すお金はあくまで借金。ここに気持ち悪さや居心地の悪さを感じて、すぐに返そうという人は借金がたまらない人です。ですが、それ自体を自分のお金だと思い込んでしまう人がいます。カードからいつでもお金を引き出せるなら、イコール自分のお金だという具合です。

ですが、あくまで引き出したお金は借りたお金、つまり借金です。借りたお金は返すのが当たり前ですが、お金がない状態でなんの苦労もなくお金を手に入れるとなると、感覚的に自分のお金だと勘違いしてしまい、返すという労力が大きくてそこに力が湧かなくなると、だんだんと借金が増えていきます。

利息もあるので、返せる時にパッと返すようにしましょう。なので、現金化したとしてもそのお金は借りたお金で、いついつ稼いだお金をいついつ返すということは最初に計画しておくといいでしょう。それでも、給料として入ったお金はいつも通り使うというのが人間です。

いつも通り使えないことのストレスの大きさに、ついいつも通り使ってしまい、お金を返すのは後でもいいかと見ないようになると、だんだんと穴に落ちていきます。なので、借りたらそのぶん次の月は節約したり先月のように飲みにばかり出かけることができないといったことを理解して借りるようにしましょう。