セフレアプリで出会いを検索すると

こんな言い方をすると、怒られてしまうかもしれませんが、わたしが言ったん旦那との距離を置いたのは、決して旦那のことが嫌いになってしまったというような理由ではなくて、旦那との距離を置くことで、自分の人生を見つめなおしてみようというふうに考えたからです。

自分を見つめなおすというとなんだかかっこよく聞こえるかもしれませんが、要するに私のやろうとしたことはセックスの勉強です。旦那には内緒で、いろいろな男とやりまくって、どうすれば自分が本気で満足できるようなセックスが可能なのか、いろいろと試してみることにしました。

旦那には内緒だというふうに書きましたが、出会い系サイトを利用し始めた時点で私と旦那はすでに離婚をしているので、別にこっそりと隠れてやる必要もないのですが。やっぱり、離婚した後も、旦那以外の男性とセックスすることについてなんとなく後ろめたさを感じるということは、それだけ私が旦那のことを心から愛していたということの証拠になると思います。

すでにほかの男性との体の関係を持っているにもかかわらず、もしも可能だったら旦那との関係を元に戻したい、そのためにはまずセックスの勉強をしなければならないという理屈が私の頭にはあったのです。たぶん、旦那との関係だけにこだわっていたころにはわからなかったことが、出会い系サイトを利用し始めてセフレとの関係を持つと、いろいろとわかるのではないかという期待がありました。

それで、自分が納得できるようなセックスの勉強ができたら、もう一度旦那とのセックスを考えてみてもいいかなというふうに考えていたのです。わたしの頭には、一度でも別れたらもう旦那との関係が完全に消えてしまうとか、やり取りがなくなってしまうというような危惧はほとんどありませんでした。自信というのとは少し違うと思いますが、私はどうしてあの時そんなにもポジティブに考えることができたのか、ちょっと今から考えるとよく分からない部分もあります。

ともかく、出会い系サイトというものはたとえ結婚歴や離婚歴を持つ男女でも問題なく利用できます。実際にいろいろなサイトをチェックしてみると、既婚者でも普通にサイトを利用していることがよく分かります。自分が人妻である、もしくは、現在は離婚しているけれどもかつては結婚生活を経験したことがあるという情報を隠している人もいます。

どうしても、そういう情報が相手にばれると素敵な出会いのチャンスを逃してしまうのではないかという危惧があるのでしょう。そんなふうに考える気持ちは何となくわからなくもないのですが、私は出会い系サイトを利用してセフレを募集する際、自分が元人妻であることを隠さずに出会いを求めたのが結果的には良かったのではないかと自己分析しています。

もし、出会い系サイトには独身の登録者しかおらず、自分が結婚生活を経験していたことがばれただけでドン引きされてしまうということが決まっているのであれば、出会い系サイトを利用してセフレを募集する際、確かに自分の過去については黙っていたほうがいいかもしれません。けれども実際には、出会い系サイトには結婚生活を経験している男女もたくさん集まっています。

そして、結婚生活を経験している人が出会いを求める場合、自分と同じように既婚者や離婚経験者をお付き合いの相手として考えた場合のほうが、結局のところ、出会いがうまくいくという傾向があるのです。そのことは、私自身が出会い系サイトを利用して実感しました。

【セフレアプリ】